このお菓子を注文する
最中種に糯米飴を入れました。
飴の歴史は古くは「日本書紀」にまでさかのぼり、古代では「たがね」といわれた貴重品でした。
紅屋重正も江戸時代に飴屋という名前で商いを始めました。飴にも歴史があります。
糯米飴の口どけの良い香ばしさと素朴な甘さをお楽しみください。

[材料]
もち米、砂糖、水飴、寒天
◆こんなお飲み物と…
緑茶、中国茶、コーヒー、紅茶などとご一緒にどうぞ。

◆こんな器にのせて…
最中の醍醐味は、やっぱり菓子器にピラミッドのように積まれた姿かもしれません。
大きめの平らな菓子器だと最中も盛り付けやすいですよ。

ひとつ前のお菓子へ
次のお菓子へ


Copyrights2005 Beniyashigemasa Corp. All rights reserved.