大納言鹿の子の中に小豆漉し餡の中に求肥餅入、上に栗で彩りました。

  秋の代表的なものの一つと言えば「栗」でしょう。
大納言鹿の子の上に栗を乗せ餅をかけて栗を包むことで情緒が感じられる逸品となります。
季節は秋へと移行しています。




ひとつ前のお菓子へ
長月のお菓子一覧へ


Copyrights2005 Beniyashigemasa Corp. All rights reserved.