求肥餅入の大納言かの子に煉切で作った「火」を添えました。
焚き火は野外や屋外で暖をとるために用いられることが多く、危険な野生動物と適切な距離を保つ利点もあることから、古くから大いに活用しました。
色づいた落ち葉で焚き火をする、そんな意匠に仕上げました。





ひとつ前のお菓子へ
次のお菓子へ


Copyrights2005 Beniyashigemasa Corp. All rights reserved.