大納言鹿の子の中に小豆漉し餡に求肥餅入、葉は煉切です。
「おちば」と読むか「らくよう」と読むかは気にしませんがお菓子としては優しい表現を好みます。
落ち葉の季節になればもう冬近しです。

落ち葉を踏む感触の良さは本当に素敵ですね。
紅葉も終わり落葉はそれなりに絵になります。




ひとつ前のお菓子へ
霜月のお菓子一覧へ


Copyrights2005 Beniyashigemasa Corp. All rights reserved.