大納言鹿の子の中に求肥を入れまして、わらびの形をした煉切をのせました。

万葉集で詠まれている
「石走る垂水(たるみ)の上のさわらびの
萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも」
志貴皇子(しきのみこ)
訳:岩の上を激しく流れる滝のほとりでは、さわらびが芽を出す春になったことだ。
をイメージしました。春の訪れを感じながらお茶を菓子を楽しみたいです。

ひとつ前のお菓子へ
弥生のお菓子一覧へ


Copyrights2005 Beniyashigemasa Corp. All rights reserved.